第10号(2008年12月発行)
★掲載記事がご覧になれます。(PDF)
ご覧になりたい記事をクリックして下さい。
無断複製はご遠慮ください。

   
  巻頭言    
 

-

日本農学アカデミー会長に再任されて
 
------------------ 鈴木  昭憲 1
  論壇
 
   
  - 国立大学法人をめぐる最近の状況と課題
 
-------------------丸本 卓哉 3
  - 「農」を基盤とした文化・学術
 
-------------------古在 豊樹 12
  - 農業農村工学は水土の知 −農学研究一歩前へ−
 
------------------ 小前 隆美 24
  - 博士課程修了者等のキャリアパス支援
  −東京農工大学の取り組みを中心に−

 
-------------------- 笹尾 彰 30
  - 高大連携
  −宇都宮大学農学部「アグリカレッジ」について−

 
---------水本 忠武・石田 朋靖 37
  - 愛媛大学南予水産研究センターの目指す地域振興
 
------------------ 山内 晧平 42
  - 地域に貢献する農業研究
 
---------------- 佐々木 昭博 46
         
  特集
 
   
 

 シンポジウム「植物育種の現在・未来と大学の役割」
 

---------------------------   49
    挨拶

 

日本農学アカデミー会長 鈴木 昭憲
東京農業大学学長 大澤 貫寿
    報告    
   

1.

植物育種の特異性と大学の役割
 
---------------------藤巻 宏 52
    2. 自給率向上を目指す小麦実用品種の育成の現在・未来
 
-------------------成塚 彰久 60
    3. ゲノム育種の現在・未来
 
------------------美濃部侑三 71
    4. 食と健康に貢献するイモ育種の現在・未来
 
---------------------山川 理 84
    5. 食と生活を豊かにする野菜・花木の育種の現在・未来
 
-------------------加々美 勉 92
    6. 都市に彩りと季節感をもたらす緑化樹育種の現在・未来
 
---------------------岡部 誠 103
   

パネルディスカッション

-----------(司会)三輪 睿太郎
(パネラー)各報告者
107
           
 

報告
 

   

編集後記

---------------------------- 116

戻る